「就職活動時に使えるウェブサービスについて」

『就職・転職活動時に使えるウェブサービスについて』

というお題をいただいたので、さくっとまとめてみました。

【ナビ系サイト】

大手の就活サイトも使っちゃいけないわけではないので、一応紹介しておきます。

基本方針は、「活用するのはいいが、依存しない」こと。

手軽に企業へエントリーできますので、便利なのは便利なのですが
載っている情報は基本的に、「企業の良いところのPR」なので
他のツールも使って多角的に情報を収集しないといけません。

各就活サイトのポイントは過去にまとめた通りですが、
大手企業ならリクナビとマイナビ、中堅企業狙いならエンジャパンを使うのが良いでしょう。

「プロの仕事研究」コンテンツは、その会社の仕事内容を想像する上で有用ですし
社会人から見てもそれなりにクオリティの高い記事になっていると思います。

【Twitter、FacebookなどのSNS】

イマドキの大学生なら大抵の方は使っていると思われますが、
活用の仕方次第で就活にも役立つでしょう。

昔はMixiがよく使われていたのですが、今や完全にTwitterなどへ移行しましたね…。

まず、就活支援をしている社会人や学生団体も、Twitterなどで情報発信しているケースが多いです。
(中には胡散臭い人もいますが…)

クオリティはピンキリですが、各種支援団体が主催する就活イベントの情報収集にも使えます。
(クオリティはピンキリと書きましたが、大規模な合同説明会に行くよりは遥かに有用かと。)

情報過多になってしまう危険もありますが、
取捨選択さえできれば、非常に有用な就活ツールになりえます。

また、会社の社長さん、人事、OBOGなどなど、
色んな方にアプローチ(しようと思えば)することができます。
もちろん礼儀には気をつけないといけませんが。

【各種チャット系サービス(Facebookメール または スカイプなど)】

就活に関係なくもともと使っている方も多いと思われますが、
周りに1人や2人はいる、おせっかい世話好きな社会人、内定者を最大限活用しましょう。

もちろん、そういった方々からアドバイスをもらう上で
「直接会う」ことができるならそれが一番…

…なのですが、直接会えないときもありますね。

そういった時、メッセンジャーやスカイプなどを活用すれば、
エントリーシートを見てもらったり、場合によっては面接の練習をしたりすることも
これらのツールを利用することで効率よく行えると思います。

メールでやりとりしても良いですが、
メッセンジャーなどの方が、リアルタイムでやりとりすることができますし。

実際管理人は、社会人の先輩にメッセンジャーでES添削をしてもらったり
友人とお互いに自己PRの添削をしたりしていました。
なかなか楽しいです。

【Googleアラート】

興味のある業界、企業の名前をキーワードとして登録しておけば、
そのキーワードにかかわるニュースや、ウェブ上の記事が更新されたときに
メールでお知らせが届きます。

「●●社って新規事業はじめたよね」「こないだ発表された××社の決算内容って…」
→「え!?なにそれ知らない!」

みたいな事を未然に防ぐこともできるかと。

時事問題で気になるキーワードを登録しておくのもいいでしょう。

これも、就活に限らず使えるサービスですが、
就活においても便利なのは確かでしょう。

【RSSリーダー】

ニュースのチェック用に。

「そもそもRSSって何?」という人はこちらをどうぞ。

日経BP、日経産業新聞などのRSSを登録して、います。

もちろん、別途 日経新聞をとっても構いません。
使い分けは、お好みで。

【その他…初心者向けに念のため】

就活に限ったことではありませんが、メールはGmailがおすすめ。

大学のメールアドレスを使ってもかまいませんが、
「どこからでも見られる」メールアドレスを使ったほうが便利です。
携帯からでも見られると尚良いですね。

——–
というわけで、以上です。

いわゆる「就活サイト」の紹介は少ないですね(笑)

一応、リクエストでは「就職・転職活動時に使えるウェブサービス」だったのですが、
実際のところ転職活動をやったことのない人間なので、
とりあえず「就職活動」だけについて書かせていただきました。

ただ、転職活動のときに気をつけることがあるとすれば
身の丈にあったチャネルを使う、ということかなー…と思います。

人材紹介を活用すべき人もいれば、
自己応募を使ったほうがうまくいく人もいるでしょうし、
人によっては、その会社の社長や役員に直接アプローチした方がいいかもしれません。
(まあ、ウェブサービスはあんまり関係ないですね。)

いくつもの道があるにも関わらず、行列になっている道をわざわざ選んで
結果遠回りをすることは避けなければいけません。

まずはアンテナを高くはり、
必要に応じて人と違う道を選ぶと、結果として近道になるでしょう。

追記: この記事は少し昔に書いた記事なのですが、最新の状況を就活SWOTの就活入門資料で紹介させていただいています。併せてご覧ください。

スポンサーリンク
カテゴリー