就活用サイトランキング(2011年5月版)

今年で6年目。恒例になりつつある、就活サイトランキングです。
(調査日:2011年2月10日~5月9日)

サイトの質・内容は一切考慮せず、
Alexaのデータ(ページビュー数やアクセス人数)などをもとに
就活関連サイトをランキングしています。

「どの就活サイトが多くの人に使われているのか」の
目安として参考にしてください。

Alexaランクとは、世界規模で集計されているインターネット視聴率のようなものです。(PCのみを対象)
 Amazon傘下の企業が運営するサービスです。視聴率と同じような仕組みで集計されているので正確な数字ではありませんが、ウェブサイトの規模を外から推定するのに役立つサービスです。

まず1位と2位についてですが、昨年に比べてマイナビのトラフィックが伸びており、
リクナビとの差が出てきています。

■1位■

マイナビ Alexaランク2318位(前回2877位)

■2位■

リクナビ Alexaランク4210位(前回3630位)

>グラフでのアクセス数推移

マイナビは1/3程度、リクナビは1/4程度、中途向けサイトへのアクセスも混ざって集計されていますが
それを考慮してもマイナビのトラフィックが多いことに変わりはないようです。

(昨年夏時点では、実質的に同等だと結論づけていました。)

※昨年のトラフィック比較グラフ

ただし、掲載企業数は2011年5月現在でリクナビ8239社、マイナビ7714社となっており、
企業数ではリクナビがマイナビを上回っている状況です。

なお、リクナビ・マイナビともに2013卒向けのインターンサイトは6月1日OPENとのこと。

■3位■

みんなの就職活動日記 [解説] Alexa5528位(前回8970位)

企業に関するクチコミが投稿されている情報サイト。

最近は新しい投稿が少ないようですが、過去の書き込みを閲覧する学生はまだまだ多い模様。
リクナビ、マイナビには若干引き離されているものの、まだまだ利用者はいるようです。

■4位■

[en]学生の就職情報 [解説] Alexa7294位(前回115514位)

ほぼ同率だった学情のサイトを抜き、エンジャパンの就職サイトが4番手に食い込んできました。

いわゆる「ナビ系」のサイトでは、マイナビ、リクナビに続くポジションを確立しています。

昨年より、力のある中小・ベンチャーに焦点を当てて事業展開しており、
ツイッターなどソーシャルメディア上でのPRにも他社よりも力を入れているように見受けられます。

■5位■

就活SWOT Alexa136,524位(前回664795位)

5位以下はかなりダンゴ状態ですが、就活SWOTが前回の18位から5位にランクインしました。
求人情報を掲載するのではなく、就活対策・企業研究に主眼を置いた就活サイトです。

ソーシャルメディア経由のアクセスが多く、アクセス数は、前年比10倍で成長しており、
月間訪問者数は8~10万人程度。

(Twitterフォロワー数が約20000名、Facebookページのfan数が約2000名と、
 主要就活サイトの中で一番多い数となっています。)

6~10位

■6位 学情就職ナビ Alexa138,275位(前回102248位)

みん就の1/5~1/7程度のアクセス数を誇るのが、学情です。
目立った特徴は無いものの、人材系では少ない上場企業の運営する就活サイトです。

■7位 ジョブウェブ [解説] Alexa148,104(前回130,088位)

毎年安定して同じ程度のアクセス数を記録しているのはジョブウェブ。
外資コンサルなどの就活対策コンテンツや、
外資出身社長が経営する企業の採用情報など、ハイレベルな学生を対象にしたコンテンツになっています。

■8位 外資就活ドットコム Alexa177,209位(前回183,197位)

昨年オープンし、アクセスが急上昇したサイト。
外資系志望の学生などを対象にしたコラムを掲載されており、
ツイッターなどのクチコミでアクセスが伸びているようです。

会員制サービスや就活塾も運営されています。

■9位 マスナビ Alexa207,922位(前回241578位)

マスメディアンが運営する、広告業界に特化した就活ナビです。
昨年よりも若干伸びて9位にランクインしています。

■10位 ダイヤモンド就活ナビ [解説] Alexa229,837位(前回452527位) 

一時は大きくアクセスが減っていた就活ナビですが、例年並みにまで戻ってきているようです。

10位以下

■11位 GoodFind Alexa 236,791位(前回229522位)
ベンチャー企業向け就活サイト。高学歴層の学生を対象にした新卒紹介や、ビジネススクールなどを運営されています。

■12位 パッション業界就職ナビ Alexa 238,498位(前回376784位)
中小・ベンチャー企業に特化した就活サイトです。

■13位 就職ブレイキングニュース Alexa448,203位(前回440320位)

■14位 文化放送就職ナビ Alexa 457,517(前回275887位)
■15位 グローバルリーダー 643,885位
コーデュケーション 774,100位
合説ドットコム 879,167位
理系インターンナビ 887,923位
外資系への道標 898,233位
IT JOB GATE 956,856位
外資コンサル.com 1,082,573位
リクサポ 1,191,006位
就職エージェント 1,232,999位
就活なう 1,371,369位
逆求人ナビ 1,460,827位
ネオキャリア就職ナビ[解説] 1,464,237位
クリ博ナビ 1,726,406位
アルファリーダーズ 1,890,726位
就活の栞 2,012,270位
就活カレンダー.com 2,198,281位
就活カレッジ 2,597,809位
いい就職.com 3,630,160位
就活ラボ(旧アクセスナビ) 4,434,540位
インフィニティキャンパス 5,584,568位
就活大辞典 9,792,784位
ベンチャー就職支援ナビ No Data

■番外 日経就職ナビ [解説] 

Alexaでは30~50万位程度と同等クラスと見込んでいますが、
nikkei.co.jpのドメインがnikkeiネットと同じドメインを使用しているため
就活サイト単体でのトラフィックは正確にはわかりません。
 
追記:
一方、Googleのアドプランナーでは日経ナビが比較的高い数値
(enjapanと同程度)が出ていることがわかりました。
Alexaとアドプランナーのどちらが正しいかの判断は難しいため、
日経ナビは一旦番外とさせていただきます。
 
※地域限定の就活サイト、インターン専用サイトは除外して計算しております。

その他、ランキングへの掲載を希望される就活サイト運営者様は、
info@adu.jp までご連絡ください。

【雑感】

昨年は、「マイナビが伸び、リクナビとの2強になってきて他は淘汰されてきている」と書きましたが、
淘汰されそうだった他のサイトも徐々に回復しつつあるように見えます。(enjapanなど)

また、上位層学生を対象とした就活サイトがアクセスを伸ばす傾向は続いており、
ソーシャルメディア上ではそういったサイトの言及が多くなっています。

昨年はtwitterが全盛でしたが、今年はFacebookだと言われています。

就活生の間でtwitterが一気に普及したのは2010年秋頃だったと実感していますが、
Facebookも2013卒生が本格的に就活を始める時に、一気に普及するのかもしれません。

スポンサーリンク
カテゴリー