エントリーシートに書くのは固有の体験。

まず、あなたのエントリーシートの、一行目を読んでみてください。

今ここに、一万人の就活生がいたとします。

その一行目の内容に、該当する就活生は
一万人のうち何人いるでしょうか?

「1人しかいない」と答えられなかった方は、
自己PRの練り方がまだ足りません。

実際のところ、人気企業には1万人を超える学生が応募します。

つまり、1万人のうち複数の学生が同じことを書いているかもしれないわけですね。

とはいえ、奇をてらった内容のエントリーシートを書け
と言っているのではありません。「固有の体験を書く」というべきでしょうか。

例えば、「根気強さ」が強みの人は
就活生が1万人いたら、500人くらいはいるんじゃないでしょうか。

しかし、これを固有の体験として書くことができれば
全く同じ体験をした人は、あなた1人しかいないはずです。

独創的である必要はありませんが、
いかにして自分を「固有」の存在にするか、一度考えてみて下さい。

エントリーシートの内容について考えることは、そのまま面接対策にもつながります。
逆に言えば、面接対策をすることで、エントリーシートの改善にもつながるでしょう。
詳しくは、こちらもどうぞ。

スポンサーリンク
カテゴリー