企業への個別訪問で就職活動

学生時代、説明会などではなく
「個人的に」企業訪問させてもらうことが何度かありました。

僕の後輩でも、個別に企業訪問させてもらうことで
他の学生とは違うルートで選考を進めてもらったという人が何人かいます。

少しハードルは高いのですが、
失うものはあまりないので、やってみる価値はあり。です。

個別訪問させてもらうまでの流れとしては

1.セミナーやイベントなどで人事と会う
2.メールなどでお礼の連絡
3.個別訪問に誘われるorもっと話を聞きたいと告げる
4.直接会社を訪問して人事の方or事業部の局長の方などと話をさせてもらう

と、書いてみたら思いのほか単純でしたが、
僕が訪問した例では、どの会社も大体こんな感じでした。

以下、それぞれを詳しく説明します。

1→これは、名刺交換するだけの時もあれば
  かなりガッツリ話をさせてもらったケースもありましたし、
  その会社の自社セミナーでグループディスカッションをした事もありました。

2→イベントで話をした時の企業の印象とか、
  今どんなことを考えながら就職活動をしているかなど
  お礼も兼ねてメールで連絡する。

3→1で連絡をとった人事の方から個別訪問を誘われたら
  都合の良い日程をいくつかメールで送って、
  人事の方に日程調整してもらって、その日時に会社を訪問します。
 (人事の方から誘われなければ、自分からお願いしてもいいと思います)

4→会社に訪問して、1時間~1時間半くらい話をします。
  内容は自分が大学でやっていることだったり、会社に入ってから
  したいことだったり、訪問した会社の事業についてなど。
  僕の場合はくだけた感じで話していることが多いです。

こういった個別訪問の結果
面接や筆記が免除になることもあるし、
人事の方が事業部面接に向けてサポートにまわってくれる事も。

もちろん、就活サイトのエントリーシステムはすっ飛ばしです。
まさに「リクナビを使わない就職活動」(笑)

イベントなどで人事と知り合った方は、思い切って個別訪問を
お願いしてみるのもいいかもしれませんね。

外資やベンチャーなら比較的融通の利く人事も多いですし、
大手企業でも、人事の考え方次第ではOKが出ることもあります。

あと、アポなしで飛び込み就活していた知り合いもいます。

スポンサーリンク
カテゴリー