就職留年、内定者インターン、その他内定者が気になる質問にまとめて答えます

Q:内定承諾をしてから就活を継続することは問題ないのでしょうか?

法的には問題ありません。
納得いかない部分があるのであれば、他の企業を受けることも問題はありません。

Q:就職留年を考えているのですが、どう思われますか?

このあたりの記事を参考にしてみてください。
就職留年をする時に気になる、5つの疑問とその答え

個人的な意見としては、安易に就職留年するのではなく、さっさとどこかの企業に入ってしまう方がオススメです。
その上で2〜3年経ってからどうしても納得がいかないようであれば、第二新卒として転職するという手段もあります。

もっと良いのは、むしろインターンとして本格的に働いてみるという方法です。
良い企業で、自分が実績を出せればそのままそこに就職するという選択肢もあり得ますし、

仮にその企業が合わなかったとしても、その経験を活かして他の企業に就職することで
「初の就職」でありながら、第二新卒時の転職のようにある程度「社会」がわかった上で企業を選べますので
そのぶんミスマッチとなるリスクは低くなるとも考えられます。

そこまでやった上で、就職留年するというのは選択肢として考えられます。
「1年間インターンをしていた」といえば、大学に5年間在籍する理由としても妥当性が感じられます。

何もせず、ただ就活をやり直すためだけに就職留年するのはオススメできません。

Q:内定先からインターンに来ることを誘われています。行くべきでしょうか?

内容によると思います。
また、内定者インターンに参加することで、それだけ自分が大学時代にやりたかった他のことをやるための時間は削られてしまいます。

もちろんインターンでの経験自体が糧になることもあるでしょう。
インターン期間中に成果を出して、入社後はそのまま責任ある仕事を任せてもらえる可能性もベンチャーではよくあることです。

逆に、参加しても、実績を積むことが出来ないインターンには参加しない方が良いでしょう。
4月入社の同期と結局同列のスタートラインに立つことになっては、何のために早くからインターンに参加していたのかわかりません。

また、同じインターンに参加するにしても
(これも一長一短ですが、)敢えて入社する業界とは別の企業でインターンに参加するという選択肢もあります。
社会に出れば、その業界の外のことはなかなか見ることができません。
入社先とは別業界の中を覗けるのは卒業前が最後のチャンスです。

「旅行にいっておいたほうがいい」「大学生なのだから勉強が本分」など意見は様々あるでしょうが、
一番大事なのは「学生時代の今だからこそやりたいこと」を選ぶことでしょう。

結果的にそれが「学生時代にしか出来ないこと」である場合もありますが、
「今やりたいこと」が必ずしも「学生時代にしか出来ないこと」であるとは限りません。

そういった観点から考えて、内定先のインターンは「学生時代にしか出来ないこと」でないことは確かですが、
それでも「今やりたい」と思えるなら、参加してみればいいでしょう。

義務感で参加するのではなく、やりたいかどうかです。

Q:内定と言われたのですが、初年度の給与(年収)がいくらになるかわかりません。企業に聞いても良いのでしょうか?

ナビサイトに初任給(月給)くらいは書かれているものですが、
賞与はどの程度出るのか、残業代はどういった扱いなのかなど
そういった情報が内定の時点で知らされないケースは多々有ります。
(大手企業では、しっかり書面で説明してくださる場合もありますが…)

入社するタイミングで雇用条件を見せられ、
初めて「ナビに載っていたのは残業代40時間分を含んだ金額だった」なんてことがわかる…なんて事もあります。
適当な会社では、雇用条件を提示しないこともあるでしょう。

こういった場合は、人事に連絡し、雇用条件がどうなっているのか聞いてみても問題はありません。
(それが問題になるような企業だとしたら「そういう企業だった」という事なので…)

もちろん聞き方には配慮が必要だと思いますが、
メール添付などでも構いませんので、書面でいただくのが良いと思われます。

Q:内定先企業の勤務先の近くに引っ越す場合、いつ頃物件を探せばよいでしょうか?

これは昨年ある学生からいただいた質問です。
その人の状況にもよるので一概には言えませんが、1つ言えるのは2〜3月は不動産業界の繁忙期であり、家賃や初期費用などの値下げ交渉も難しいです。

もともと東京で賃貸マンションに住んでいて、来年春までに更新時期が来るような場合は、(勤務先が決まっているという前提で)年内に引越してしまうことも1つの手でしょう。
賃貸の閑散期は8月と11月なので、これらの時期は大家も弱気で交渉がしやすいですし、じっくり物件を選ぶことが可能です。

その他、聞きたい質問がある方は、より具体的に質問をしたい方は
コメント欄などで気軽にどうぞ。

カテゴリー

カテゴリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>