初めて車を売った営業マンの話

知人のFacebookにて、面白い話が書かれていたので紹介してみます。

~初めて車を売った営業マン~

営業「車って商品なんですけど、平坦な道だと時速60kmも出て、お使いの馬より速いんですよ」

客 「今の馬でも充分速いから要らないよ。ってか、これ機械でしょ。どうやって動くの?」

営業「別売りのガソリンって液体を買ってもらって、それを入れると動くんです」

客 「別売りってありえないよね。だって馬なら草食べとけばいいんだよ。草ならタダじゃん。後、そのガソリンって街で見かけたことないんだけど、どこで売っているの?」

営業「うちのお店で売っているので、100km走る毎に来ていただきます。」

客 「え、じゃあどんなに遠出しても50kmってこと?ありえなくない。馬なら2時間もあればそれ以上のところまで行けるよ。それにさっき平坦な道って言ったけど、もしかしてこれ砂利道とか山道って走れないの?」

営業「今は確かにそうですが、今後道も整備されていくはずですので」

客 「全然だめじゃん。ちなみにこれ機械ってことは壊れることあるよね。そうしたらどうするの?」

営業「できる限り修理しますが、できないこともあるかもしれません」

客 「壊れたらゴミだよね。馬なら壊れても食肉になって役立つんだよ」

営業「まだまだ、改善点があるのは確かですが、今後必ず流行る方向に進むはずです」

客 「流行らないと思うな。だって感情的にも馬に乗れるってステータスだよ。それをみすみす捨ててまでそんなよくわからない機械なんて乗らないよ。馬可愛いし、愛着も沸くし絶対馬の方がいいよ!昨日最新の鞍買ったんだよ。超かっこいいでしょ。乗り心地めっちゃ良いよ。君もそんな意味ないものじゃなくて、こういう人の役に立つもの作りなよ」

引用元

カテゴリー

カテゴリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>