就職活動で見られる3つのポイント

就活で、企業は学生のどこを見ているのか?

細かい部分では各企業で差異・こだわりもありますが
大枠のところで共通しているところは大きく分けて3つ挙げる事ができます。

1●一緒に働きたいかどうか?

▼就職活動における面接は、面接官にとって「これから一緒に働く」人材を選ぶ面接です。もしかしたら、その就活生が将来自分の部下になるかもしれません。だから、「この人と一緒に働きたいか?」「この人は自社の社風に合うか」という視点を面接官は大事にします。

▼就職活動は「デキる学生コンテスト」ではなく、特に日系大企業は想像以上に「能力より会社とのマッチング」を重視します。だから起業を経験する必要も、学園祭の実行委員長を務める必要もインターンに励む必要もありません。
逆に「自分は優秀で能力もあるから内定は取れる」と思っている方は、ご注意を。「一緒に働きたい」と思われるように、面接官に自分をアピールしていきましょう。

2●会社に貢献できるかどうか?

▼一方で、人柄だけで内定が取れるわけでもありません。企業は利益を出すなど、やらなければいけない事があり、それらの目的のために役立ってくれる人材を探しています。そのために、わざわざお金や時間をかけて採用を行っているわけです。
「自分にできること」の話にしても、「自分のやりたいこと」にしても「自分の性格」にしても、それらは話を聞く人事の中で「この学生は、ウチに入って会社に貢献してくれるかどうか」という軸に落とし込まれていくのです。

▼しかし、新卒採用の面接では「即戦力」はあまり求められておらず、会社側も学生のことは「素材」として見ています。だから「これから成長しそうか」「ポテンシャルがあるか」という所がポイントになってきます。

3●本当に入社する気があるかどうか?

▼企業は、多かれ少なかれ学生の内定辞退を恐れています。
入社して欲しいから内定を出しているのであって、決して学生に内定数自慢をさせるために内定を出しているわけではありません。しかし、内定辞退数は年々増える傾向にあります。

だからこそ、可能な限り「本当に入社する気があるのか?」を確かめ、ちゃんと自社に入社してくれそうな学生に内定を出します。「うちに入りますか?」「他社を断れますか?」とストレートに言ってくる場合もあれば、志望動機、態度などから判断されることもあるでしょう。

詳しくは、就活SWOTで無料提供している就活入門資料にも書いているので、
併せてご覧ください。

著者プロフィール

カテゴリー

カテゴリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>