女性の働きやすい職場としても注目されるマイクロソフトによる就活生向け講演会

12月4日開催の就活Typeイベントの中で開催される講演会です。

マイクロソフトのダイバーシティー推進事例に見る
女性が長く活躍していくために必要な条件

女性の働きやすい職場としてもマイクロソフトは注目されており、
産前産後休暇、育児休業、育児時短 以外にも
看護休暇(家族の病気または負傷で看護や病院へ付き添いが必要となったら有給の看護休暇を取得できる)、
在宅勤務制度やフレックスタイム制度などが導入されています。

周りのマイクロソフト社員を見ていても、
長期的に仕事で活躍したいと思って入社している女性社員の方が多い印象。

(マイクロソフトは特に先進的ですが、マイクロソフト以外の会社を見ても
 女性が前線で活躍している会社は大体が外資か、ベンチャーのどちらかです)

女性就活生の進路を考える上で参考になる話も多いと思われますので
話に興味のある方は是非参加してみてください。

講演者

日本マイクロソフト 執行役 常務 エンタープライズサービス担当 山賀 裕二氏
1983年に日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。
IBM Corporation (在 New York, USA)への出向や、
事業部長、複数の理事などを経て、2006 年にレノボ・ジャパンの常務執行役員に就任。
07年に、業務執行役員 通信・メディア・インダストリー統括本部長としてマイクロソフトに入社。
数々の部門の執行役として活躍し、現在に至る

マイクロソフトのダイバーシティー推進事例に見る
女性が長く活躍していくために必要な条件

コメント