【2014】アップル、マッキンゼー、ベンチャー志望者必見の就活準備イベント

ジョブウェブがサマーインターン&就活に役立つイベントを開催されます。

元マッキンゼーのコンサルタントや、アップルの元日本代表が参加する他、
成長中ベンチャーの経営者によるパネルディスカッション、
交流会など、かなり盛りだくさんの内容。

参加無料なので、ぜひ7月1日に予定の空いている方は参加してみてください。

予約はこちらから!

 

『Jobweb Style 2012 Summer』
~自分らしさの枠を広げるキーパーソンとの出会い~

・Apple Japan 元社長の山元氏・マッキンゼー出身の藤沢氏による特別講演も開催!
 インターンに参加するか?インターン+αの選択肢を取るか?

夏休みという学生の特権をもつ
今だからこそできる経験を、このイベントを
きっかけに実現してもらいたい。

「自分らしさの枠を広げるキーパーソンとの出会いの場」は用意しました。

あとは、どのように活用するか?
あなたの将来につながる出会いが見つかることを期待しています。

『2人に1人の学生がインターンシップに参加している』

ジョブウェブが毎年実施する学生調査から上記のことが明らかになりました。

この結果は2年連続です。

学生がインターンシップに参加し、
自分の未来や社会について真剣に考える機会が
これほど広まったことは評価すべきことだと考えています。

しかし、広まった一方で
「インターンシップに参加することが目的
になっている学生が増えている」ことに対して
なんとかしなくてはと思っています。

・インターンシップに参加したからといって就活に有利になる訳ではありません
・他に一生懸命やることがあればインターンシップに参加する必要はありません
・インターンシップに参加したらやりたいことが見つかるとは限りません

決して、インターンシップを
否定したいわけではありません。

インターンシップに参加することは
確実にオススメです。
(自分の将来を考える有意義な活動だから)

だからといって、インターンシップに参加しただけで満足してはいけない。

もし参加するのであれば目的を持って
インターンシップに参加して欲しい。

そして、日本でのインターンシップを
もう1段階ステージアップさせたい。

上記のような想いから、Jobwebから学生、
そして社会へのひとつのメッセージとして
今回のイベントを企画しました。

『経営者対談 ~私の枠を広げたキーパーソン~』

急成長を遂げる注目企業の経営者が4名登場し経営者対談を実施します。

経営者はどのような学生時代を過ごし、そしてなぜ起業を決意したのか。

そして、Jobweb Style 2012 Summerのテーマでもある
『自分らしさの枠を広げるキーパーソンとの出会い』

今となってはご自身がキーパーソンである立場の方にもキーパーソンはいるのか。
いるのであればその方はなぜ自分にとってキーパーソンなのか。

組織に頼らず個人の強さが求められている時代、経営者のこれまでの生き方はこれから社会に出ることを控えた大学生にはきっと参考になるはず。
その他にも経営者が想う一緒に働きたい人など、参加学生からの質問にもお答えする時間があります。
パネルディスカッションのコーディネーターはJobweb代表の佐藤孝治が務めます。

▼参加企業
◎株式会社ウィルゲート 専務取締役 吉岡諒氏
◎株式会社ガイアックス 代表執行役社長CEO 上田祐司氏
◎株式会社ネットプロテクションズ 代表取締役社長(CEO) 柴田紳氏
◎株式会社リブセンス 代表取締役社長 村上太一氏

—『イベントにお越し頂く社会人たち』—

イベントには、ジョブウェブが推薦する
この夏にインターンシップを実施する
日本の企業はもちろん。

自らビジネスを起こし、
飛躍を遂げようとしているベンチャー企業
での長期実践型のインターンシップ。

海外で起業されている
日本人の方での社長直下インターンシップ。

更には、

復興支援のボランティアを実施している方や
新卒で民間に就職した後、現在は農家として
日本の農業問題に立ち向かっている方。

安定的に成長を続ける企業の
マネージャー職を退職し、
学生の教育に問題意識を感じ独立された方。

学生に真剣に向き合い、社会で活躍できる
人材への教育機会を創っている方。

そして、

アップルがipodやmacなどを
日本に普及させていた最中にApple Japanで
代表を務められていた山元賢治さん。

マッキンゼーに新卒で入社後、独立して
個人でコンサルティングを続けていた中、
震災を機にコンサルティング活動を休止し、
復興庁政策調査官という内閣の立場から
日本を支援されている藤沢烈さん。

この2名を招き、特別講演も実施します。

どなたも仕事に
生き甲斐を持って働かれている方達です。
今回ご参加いただく社会人の人たちは
参加学生にとって

“自分らしく生きることの枠を広げるキーパーソン”

となり得る方達だと思います。

たまにしか会わないけれども
自分の人生に重要な刺激を与えてくれる人を
“キーパーソン”と表現しています。

「自分らしさの枠を広げるキーパーソンとの出会いの場」は用意しました。

あとは、
あなたがどのように活用するか、です。

『Jobweb Style 2012 Summer』

このイベントがきっかけで
自分の可能性に挑戦し続ける若者が
増えることを期待しています。

—『Jobweb Style 2012 Summer』 開催概要—

開催日時:2012年7月1日(日)10時~18時
会場:ベルサール飯田橋 ファースト
交通:大江戸線「飯田橋駅」C3出口徒歩4分
対象:2014、15・16卒生の学生

▼Apple Japan 元CEO 現コミュニカ代表取締役 山元 賢治 氏

1983年、神戸大学工学部卒、日本IBM株式会社入社。
1995年、日本オラクル株式会社へ移籍。その後イーエムシージャパン副社長を
経て2002年に日本オラクル株式会社取締役専務執行役員。

2004年10月、アップルジャパン株式会社代表取締役兼米国アップルコンピュー
タ社セールス担当バイスプレジデントに就任。2009年9月に同社を退社。
現在、株式会社コミュニカ代表取締役、myGengo社マネージメント・アドバイ
ザー、グローバルブレイン社マネージメント・アドバイザー

▼元マッキンゼー 現復興庁政策調査官 藤沢 烈 氏

一橋大学卒業後、バー経営、マッキンゼーを経て独立。
「100年続く事業を創る」をテーマに講演・コンサルティング活動に従事。
創業前の若者に1億円投資するスキームを企画運営し、話題を呼ぶ。
「雇われ経営参謀」として500人以上の経営・企業相談を受けてきた。
2011年3月11日の東日本大震災を機に、コンサルティングは休止。
震災復興を支援する(社)RCF復興支援チームを設立。
復興庁政策調査官も務める。

予約はこちらから!

スポンサーリンク
カテゴリー